営業部 FC・店舗開発課
井原 義人
Ihara Yoshito
同志社大学 社会学部卒業。学生時代から長期インターンシップ生として参画。
在学期間中に店舗開発責任者となり、現在に至るまで約300店舗の出店に携わる。
入社1年目からFC加盟開発担当を担い、 現在はFC・店舗開発課リーダーとしてチームを指揮する。

トランクルームは認知度も向上しており、規模拡大が望める市場です。

経営手法にはフランチャイズ(業務委託)方式、個人運営方式などがあり、「収納ピット」ではフランチャイズ方式でのトランクルーム経営を提案しています。

今回の記事では、トランクルームをフランチャイズ経営する場合のメリットや成功するポイント、利回り、経営における注意点などを解説します。

トランクルームをフランチャイズ経営するメリット

トランクルームを経営する場合、主な経営手法には「フランチャイズ(業務委託方式)」「個人運営方式(家主投資物件)」が挙げられます。

この2つの経営手法の中でも、フランチャイズは以下のようなメリットがあります。

高利回りな収益モデルで資産運用ができる
安定的な経営が可能
節税対策ができる
売却しやすく手離れしやすい
資産価値が減価しにくい
追加投資がかかりにくい
解約が出にくい
分散投資ができる

また、「収納ピット」ではトランクルーム経営における専門的なノウハウの提供から集客、運営管理までを事業本部で行うため、オーナー様は余計な手間や費用をかけることなく安心して経営を行うことができるのが特徴です。

トランクルームのフランチャイズ経営について

トランクルームのフランチャイズ経営では、初期費用やランニングコスト、利回りなどはどのようになっているかを説明します。

フランチャイズ経営する場合に必要なもの
トランクルームのフランチャイズ経営を始める際には、初期投資資金と初年度運転資金が必要です。

フランチャイズ経営の場合、事業本部への加盟金なども必要となりますが、個人運営などの経営手法ではサポートできない集客やクレームなどの対応をしてくれます。

このサポートは各社異なりますが、「収納ピット」の場合

問合せ
案内
契約
解約
督促
クレーム対応
定期清掃

などを一括して対応しております。

そのため、オーナー様は基本的にトランクルーム利用のお客様やビルの所有者様と顔を合わせることがないため、余計な時間や手間をかける必要がありません。

ランニングコストについて

ランニングコストの詳細内容 業務委託の場合 個人運営の場合
賃借料 20万円
電気代 0.4万円 0.4万円
固定ロイヤルティ 1.5万円
変動成果報酬 売上に対して10%
+4ヶ月継続成果報酬
合計 約25万円 約0.4万円

トランクルームのフランチャイズ経営では、賃借料や電気代、固定ロイヤルティなどのランニングコストがかかります。

個人運営の場合、賃借料の支払いはありませんがご自身で物件を所有していることが前提となるので初期投資が膨大な額になってしまいます。

「収納ピット」のフランチャイズ経営では、一定のランニングコストの支払いがありますが、変動成果報酬として売上に対して10%+4ヶ月継続成果報酬があるのが特徴です。

フランチャイズ経営の想定利回りと実質利回りについて

想定収入と想定利回り 業務委託の場合 個人運営の場合
想定収入

キャッシュフロー上、年間で約150万円の手残り

例:1,000万円の投資資金の場合
15年間合計CF 2,200万円
実質利回り15%

キャッシュフロー上、年間で約220万円の手残り

例:1,000万円の投資資金の場合
15年間合計CF 3,330万円
実質利回り30%

想定利回り 13%〜18% 13%〜18%

トランクルームをフランチャイズ経営する場合、想定利回りは13〜18%です。

初期費用の回収には6年〜9年ほどかかりますが、高利回りで安定的な経営が可能なため、確実に初期費用の回収と収益の拡大化を目指すことができます。

フランチャイズ経営の注意点

トランクルームをフランチャイズ経営する場合、メリットも多いですが注意すべき点もあります。

フランチャイズ経営の場合、稼働推移が穏やかなのが特徴です。しかし、ランニングコストが毎月必要になるので、初年度のみ赤字になってしまうリスクもあります。

また、トランクルームはビル内での展開になるので、漏水や地震などの災害に気をつけましょう。

フランチャイズ経営を成功させるポイントとは

どのようなビジネスモデルにおいても成功させるポイントは事前に知っておくことが重要です。

ここではトランクルームのフランチャイズ経営を成功させるポイントを紹介します。

最も重要なポイントは「集客力」

トランクルームのフランチャイズ経営をする場合に最も重要なポイントは「集客力」です。

トランクルームは徐々に認知度やニーズが高まっているものの、集客をすることは必須。「収納ピット」ではWebマーケティングやチラシを使って効果的に集客を行うことが可能です。

事業本部の管理力

フランチャイズ経営では事業本部へ固定ロイヤルティの支払いがあります。その代わり事業本部がしっかりと運営の管理を行うことで費用対効果を生み出すことができます。

「収納ピット」では、高利回りの物件の提供から、集客、問合せ、契約などを一括でサポート・運営管理を行うため、安定したトランクルーム経営へと導きます。

今後の展望を明確化する

トランクルームのフランチャイズ経営は安定的な経営ができるのが特徴ですが、出店計画や出店希望数などの今後の展望を明確にすることも重要なポイントとなります。

加えて、立地や商圏、競合を考え、トランクルームの稼働が上昇するようにターゲット顧客への正しい戦略を考えることも必要です。

そのためには、ノウハウを持った本部が開拓を行う店舗で出店を行うことがよいでしょう。

また、リスクを減らすためにも投資を分散させることも大切です。