収納ピットが投資家様に選ばれるのには理由があります。

収納ピットを選ぶ
メリット・デメリット

メリット
  • ・成長市場
  • ・解約リスク分散、安定稼働
  • ・追加投資無し
  • ・高利回り+節税効果+EXIT(出口)有り
デメリット
  • ・初動が緩やか(初年度キャッシュアウト有り)
  • ・融資が難しくキャッシュが必要
  • ■初期投資額:650~1,200万円
  • ■安定稼働時年間キャッシュフロー:100~200万円
  • ■減価償却:加盟金5年、パーティション3年
  • ※初年度に初期投資額の40~50%を損金算入可能
  • ※あくまで例になります。事前に税理士等にご確認いただきますようお願い申し上げます。
  • ■EXIT(出口):投資利益率10~20%で原則事業運営権を売却可能
  • ■想定実質利回り:20%以上
  • ■実質利回り:10~15%

収納ピットはEXITが可能です

EXIT (出口)の方法は2通り

  • 01 他の加盟店様への
    転売
  • 02 当社による買取
01 他の加盟店様への転売
投資利益率 1015 %
EX)
年間キャッシュフロー:150万円
投資利益率10%の転売の場合1,500万円で転売(150万円→1,500万円=10%)
※別途仲介手数料50~100万円が発生致します。
02 当社による買取
投資利益率 2530 %
EX)
年間キャッシュフロー:150万円
25%の買取の場合600万円で買取(150万円=600万円=25%)
  • ※経営不振の撤退は0件の為、実例は御座いません。
  • ※他の加盟店様への転売の場合、原則1~3ヵ月程のお時間を頂きます。緊急で資金繰りが必要な場合等に当社による買取を行っております。

収納ピットが選ばれる3つの理由

関西一筋約250拠点・FC店約150店全国No.1の出店実績

REASON 1

関西・関東で約420店
は全国No.1の出店実績

収納ピットは創業期からフランチャイズモデルを導入し、コツコツ15年間トランクルーム事業のみを展開してきました。
おかげさまで出店スピード日本一(2013年∼2016年・矢野経済研究所)。
また、ドミナント戦略やSEOによる集客を強みとしてしっかり稼働率を確保。
投資家様に支持されて自社都合、FC都合での撤退は未だ0件です。

自社開発なので中間マージンがなく初期投資が安い

REASON 2

自社開発なので中間マージン
がなく初期投資が安い

収納ピットはトランクルーム事業をすべて自社内で完結するようにサプライチェーンを構築しています。
パーテーションも商社を通さず自社開発。無駄な機能等を省いて仕入れコストを削減しています。
また、全国No1の出店数・規模を活かして仕入れコストをさらに圧縮。
投資家様にできるだけ還元できるよう、初期投資を抑える努力を続けています。

お客様の手間を削減するための運営管理業務代行と手厚いサポート

REASON 3

お客様の手間を削減するための
運営管理業務代行と手厚い
サポート

問合せ受付、定期巡回、お客様との契約、解約手続き、利用料督促、クレーム対応等のトランクルームの運用管理業務を投資家様に代わって当社が対応。
保証会社を導入しているため、賃料管理や督促依頼等の手間がありません。
※保証会社を導入していない場合、賃料滞納や賃料管理に手間がかかります。
遠隔での出店でも問題が無いよう万全のサポート体制を構築。
遠隔地や副業でトランクルーム投資を行っている投資家様にも、お手間をおかけしないような運営を心がけています。